花粉に効く目薬で花粉を洗う


花粉症が原因となっている目に対してのアレルギー症状を抑える成分はいろいろあります。クロモグリク酸ナトリウムは、アレルギー症状をおこしてしまうヒスタミンなどの誘発物質を放出を抑えることで(抗アレルギー作用といいます。)、目のかゆみ・充血などを緩和します。花粉症になり始めの時期に使うのがよく、症状が重くなるとあまり効果がなくなるようです。この成分を含む目薬は、藤沢薬品工業の『エージーアイズ AG EYES』といったものがあります。マレイン酸クロルフェニラミンは、アレルギー症状をひきおこす誘発物質の働きを抑制し、目の充血やかゆみなどの炎症を緩和する抗ヒスタミン作用があります。今、目がかゆい状態の人や、もうすでに起こってしまった症状を緩和するのに効果があるとされています。グリチルリチン酸二カリウムは、抗アレルギー作用や抗炎症作用があるので、目の炎症をしずめます。この成分を含む製品は、ロート製薬の目薬『ロート点眼薬アルガードa』などがあります。また、目薬を使うにあたっては、説明書の指示通りに使ってください。

花粉症対策の基礎知識のトップページ