花粉の処方薬


大きく分けると花粉症の薬には、お店で販売されている市販薬と、医者にいけば処方してもらえる処方薬の2つに分けられます。市販薬には、マレイン酸クロルフェニラミンなどの抗ヒスタミン薬が含まれているものが大多数で、即効性があるものの、眠気を催すという副作用もあるので、眠気が抑えきれないことも多いですし、効果が続かないものも多いです。だから、市販薬は、そんなにひどくない花粉症の場合で、花粉症の症状が現れて、辛抱ができなくなったときに利用するといいでしょう。けれども、眠気を催さないように市販薬は工夫されていますが、やはり眠くなるので、車の運転の予定がある人は飲まないでください。

花粉症対策の基礎知識のトップページ